タシマ ユウコ   Tashima Yuko
  田嶋 裕子
   所属   産業医科大学病院  診療科 呼吸器・胸部外科
   職種   助教
言語種別 日本語
発表タイトル 85.椎体浸潤を伴う左肺上葉肺癌(pT4N0M0,stage IIIA)に対して集学的治療を行い,長期生存を可能とした症例
会議名 第56回日本肺癌学会九州支部学術集会
学会区分 地方会
発表形式 抄録のみ
講演区分 一般
発表者・共同発表者桑田 泰治, 小林 健一, 由良 冴希子, 小山 倫太郎, 松宮 弘喜, 篠原 周一, 竹中 賢, 岡 壮一, 近石 泰弘, 平井 文子, 今西 直子, 田島 裕子, 米田 和恵, 黒田 耕治, 永田 好香, 田中 文啓
発表年月日 2016/02/26
開催地
(都市, 国名)
北九州市/北九州国際会議場
概要 症例は35歳,男性.主訴は左背部痛.CTで左上葉にT3浸潤を伴う腫瘤影を指摘.気管支鏡検査では確定診断には至らなかったが,画像上強く原発性肺癌が疑われ,手術を行う方針とした.術前日に術中出血に備え,腫瘍栄養血管塞栓術を行い,左上葉切除,リンパ節郭清,T3全椎体切除,T1,2,4,5後方固定,T2~4前方固定を行った.病理診断は多形肺癌であった.T3尾側に腫瘍細胞の浸潤を認め,胸髄遺残部に放射線治療を行い,術後補助化学療法CDDP+DTX 4 courseを行った.現在術後約5年経過しているが明らかな再発所見は認めていない.