Fujimoto Naohiro
   Department   School of Medicine  Urology, Clinical Medical Sciences
   Position  
Article types 不明
Language English
Peer review Non peer reviewed
Title 工場の交代労働者間における、前立腺癌riskの後向き集団調査(Industry-based retrospective cohort study of the risk of prostate cancer among rotating-shift workers)
Journal Formal name:International Journal of Urology
ISSN code:09198172/14422042
Publisher John Wiley & Sons Australia, Ltd
Volume, Issue, Page 18(3),206-211頁
Author and coauthor Kubo Tatsuhiko, Oyama Ichiro, Nakamura Takehiro, Kunimoto Masamizu, Kadowaki Koji, Otomo Hajime, Fujino Yoshihisa, Fujimoto Naohiro, Matsumoto Tetsuro, Matsuda Shinya
Publication date 2011/03
Summary 日本工業組合協同組合健診による男性4995名(平均年齢55.5歳)のdatabeseを、retrospectiveに平均25.0年追跡した。その中4168例は以前に日勤のみをしており(日勤作業者)、827例は80%以上交代勤務(交代勤務者)をしていた。全例で血清前立腺特異抗原(PSA)を測定し、前立腺癌riskは年齢、肥満指数(BMI)、運動、喫煙、飲酒で修正して多変量logistic回帰法で比較した。その結果、日中作業者に比べて交代勤務者では、有意ではないが前立腺癌のriskがやや増加していた(odds比1.79、P=0.32)。症例数が少ないので有意差はなかったが、また退職後も含めた長期の追跡を要すると考えた。
Document No. 2011240494