オカダ ヨウスケ   Okada Yosuke
  岡田 洋右
   所属   医学部医学科  臨床医学系 第1内科学
   職種   准教授
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 【続発性骨粗鬆症】 関節リウマチにおける骨代謝異常
掲載誌名 正式名:Clinical Calcium
ISSNコード:09175857
掲載区分国内
出版社 (株)医薬ジャーナル社
巻・号・頁 28(12),1599-1603頁
著者・共著者 中野 和久, 岡田 洋右, 田中 良哉
発行年月 2018/11
概要 <文献概要>関節リウマチ(RA)は,代表的な自己免疫疾患である。関節滑膜を中心とした免疫異常と滑膜炎症の慢性化は,骨・軟骨破壊のみならず,全身性の骨粗鬆症を引き起こし,骨折のリスクとなる。炎症滑膜におけるTNFやIL-6などの炎症性サイトカインは,破骨細胞の分化を強く誘導する一方で,骨芽細胞の分化を抑制し,骨代謝の不均衡をもたらす。近年の免疫異常の是正や炎症性サイトカインなどを標的としたRA治療は,直接,間接的に骨・軟骨破壊の進行を抑止できるが,全身性の骨粗鬆症化を停止できるわけではない。RAに早期治療・早期寛解導入をすることによって不動を回避するとともに,個人のリスク管理を徹底し,RAの骨びらん抑制効果もある抗RANKL抗体などの骨粗鬆症薬を有効に使用していく必要がある。
文献番号 2019040267