オカダ ヨウスケ   Okada Yosuke
  岡田 洋右
   所属   医学部医学科  臨床医学系 第1内科学
   職種   准教授
論文種別 その他
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 【糖尿病薬・インスリン治療 知りたい、基本と使い分け 経口薬?インスリン?薬剤の特徴を掴み、血糖管理に強くなる!】 (第4章)病棟・救急で困る、こんなときどうする? 糖毒性が改善した後のインスリン量調節はどうすればよいですか? インスリン離脱が予想される、病歴の短い患者の入院 退院後の管理
掲載誌名 正式名:レジデントノート
ISSNコード:13446746
掲載区分国内
出版社 (株)羊土社
巻・号・頁 19(11),2015-2021頁
著者・共著者 黒住 旭, 岡田 洋右
発行年月 2017/10
概要 <Point>・強化インスリン療法による糖毒性解除には、症例背景により1〜3週間を要する・糖毒性が解除された後は、通常よりも早くインスリンを減量する必要がある・適切に経口血糖降下薬を併用することで、糖毒性を早く解除できインスリンを減量・中止できる(著者抄録)
文献番号 2017379528