オカダ ヨウスケ   Okada Yosuke
  岡田 洋右
   所属   医学部医学科  臨床医学系 第1内科学
   職種   准教授
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 妊娠中期に発症し出産後も遷延した中枢性尿崩症の1例
掲載誌名 正式名:内科
ISSNコード:00221961
掲載区分国内
出版社 (株)南江堂
巻・号・頁 118(1),145-148頁
著者・共著者 松下 幸司, 岡田 洋右, 森 博子, 田中 良哉
発行年月 2016/07
概要 症例は31歳女性で、親族の不幸を契機に無月経となったが、月経誘発剤内服開始後、月経は規則的に発来し、妊娠成立を確認した。妊娠28週より頻尿(夜間2時間おき)となり、多飲するようになった。妊娠37週に児頭骨盤不均衡のため帝王切開にて出産し、児の発育も良好であった。出産後も口渇、多飲、多尿、頻尿が続いた。出産後も多飲、多尿が続くため産後25日目に入院した。尿比重は低く、尿浸透圧136mOSM/kgと希釈尿を認めた。水制限試験およびバソプレシン負荷試験の結果より中枢性尿崩症と診断した。酢酸デスモプレシン(DDAVP)点鼻よる治療を開始し、排尿回数、尿量が減り、口渇も消失し、飲水量も減少し第15病日に退院した。出産から3ヵ月後に頭部MRI施行し、トルコ鞍部背側に下垂体後葉と考えられる高信号域を確認した。出産から5ヵ月後にはDDAVP点鼻を中止し、その後も症状再燃なく経過良好である。
文献番号 2016307999