オカダ ヨウスケ   Okada Yosuke
  岡田 洋右
   所属   医学部医学科  臨床医学系 第1内科学
   職種   准教授
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 治療自己中断による血糖コントロール増悪にて発症した糖尿病性舞踏病の1例
掲載誌名 正式名:内科
ISSNコード:00221961
出版社 (株)南江堂
巻・号・頁 117(1),155-158頁
著者・共著者 大塚 隆史, 岡田 洋右, 新生 忠司, 元 舞子, 田中 良哉
発行年月 2016/01
概要 65歳女。20年前に2型糖尿病と診断され加療されていたが、3年前に通院を自己中断していた。今回、不随意運動が出現したため近医受診し、頭部CTで高吸収域を認められ、脳出血の疑いで当院に救急搬送された。随時血糖値615mg/dLと著明な高血糖を呈しており、頭部MRIのT1強調像で尾状核に高信号域を認めたことから糖尿病性舞踏病と診断した。診断後すみやかに血糖コントロールを行ったところ、ハロペリドールを投与することなく不随意運動は消失した。
文献番号 2016107859