Kitamura Takuro
   Department   University Hospital  Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery, Clinical Departments
   Position  
Article types 不明
Language English
Peer review Non peer reviewed
Title 特発性突発性感音難聴に対する高圧酸素療法を併用したプロスタグランジンE1とステロイドの併用(Prostaglandin E1 versus steroid in combination with hyperbaric oxygen therapy for idiopathic sudden sensorineural hearing loss)
Journal Formal name:Auris・Nasus・Larynx
ISSN code:03858146/18791476
Publisher (一社)日本耳鼻咽喉科学会
Volume, Issue, Page 35(2),192-197頁
Author and coauthor Suzuki Hideaki, Fujimura Takeyuki, Shiomori Teruo, Ohbuchi Toyoaki, Kitamura Takuro, Hashida Koichi, Udaka Tsuyoshi
Publication date 2008/06
Summary 特発性突発性感音難聴(ISSNHL)患者を対象に、高圧酸素療法(HBO)とプロスタグランジンE1(PGE1)とステロイドの併用効果を検討するため、後向きな比較分析を行った。連続するISSNHL患者196例(聴力レベル≧40dB、聴力喪失から治療開始までの期間≦30日)を対象に、95例をPGE1+HBO療法(PG群)、101例をステロイド+HBO療法(ステロイド群)に分類した。聴力回復は、グレード評価と健側の耳と比較した聴力改善によって評価した。PG群とステロイド群におけるそれぞれの治療後の聴力レベルは52.2±3.0、47.5±2.8dB、聴力改善31.3±2.2、27.2±2.3dB、治癒率28.4%、28.7%、回復率54.7%、53.5%、聴力改善率48.4±5.1%、53.9±4.2%となり、両群間に有意差は認められなかった。結論として、HBO療法と併用したPGE1とステロイドのISSNHLに対する効果は同等である。特に重度糖尿病、活動性消化性潰瘍、ウイルス性肝炎などのステロイド不耐性患者において、PGE1+HBO療法はISSNHLに対する代替療法の1つになると考えられた。
Document No. 2008277588