Nakano Yoshiteru
   Department   School of Medicine  Neurosurgery, Clinical Medical Sciences
   Position  
Article types case reports
Language English
Peer review Non peer reviewed
Title A pitfall of fluorescence-guided surgery with 5-aminolevluinic acid for the treatment of malignant brain tumor: case report
Journal Formal name:ALA-Porphyrin Science
ISSN code:21871639
Publisher ポルフィリン-ALA学会
Volume, Issue, Page 1(2),61-66頁
Author and coauthor Yamamoto Junkoh, Takahashi Mayu, Idei Masaru, Nakano Yoshiteru, Soejima Yoshiteru, Saito Takeshi, Akiba Daisuke, Kitagawa Takehiro, Ueta Kunihiro, Miyaoka Ryo, Nishizawa Shigeru
Publication date 2012/12
Summary 症例は65歳男性。3ヵ月前に発作性幻嗅と意識障害がみられ、全身発作のため搬送された。脳波では右側頭葉に除波がみられ、MRIでは右側頭葉に脳浮腫で囲まれた多嚢胞性で不均一な腫瘤が認められた。右側頭葉の高悪性度の神経膠腫によって生じた複雑部分発作であると診断され、5-アミノレブリン酸(ALA)を用いた蛍光ガイド手術を行った。手術中、残存腫瘍と海馬の右表面が紫青色の励起光下で強く蛍光されていた。腫瘍の組織学的検査では細胞密度が高く、核異型が顕著にみられ、壊死、高い有糸分裂活性、内皮増殖が認められたため、神経膠芽腫と診断された。なお、海馬への腫瘍浸潤や脳室壁の上衣層の破壊は認められず、悪性神経膠腫の脳室近傍における5-ALA誘導型発光の偽陽性例であった。
Document No. 2014083078