オオタニ マコト   Otani Makoto
  大谷 誠
   所属   関連施設  産業保健データサイエンスセンター 産業保健データサイエンスセンター
   職種   助教
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 医療・介護のビッグデータ分析 慢性期病院の外来機能の分析
掲載誌名 正式名:社会保険旬報
ISSNコード:13435728
出版社 社会保険研究所
巻・号・頁 (2728),25-31頁
著者・共著者 松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
発行年月 2018/11
概要 慢性期病院の外来機能に着目して、どのような疾病の患者の診療を行っているのかを分析し、慢性期病院の在り方について検討するための基礎資料作成を試みた。西日本の複数の自治体における2015年10月の医料レセプト(国民健康保険・長寿医療制度)を分析対象とした。療養病床入院基本料のみが算定されている病院を選び、その病院に2015年10月に受診した外来患者のレセプトを抽出した。分析対象は7477名であった。1867名(25.0%)が要介護認定を受けていた。2016年3月には、1.3%が死亡し、87.3%が外来を継続していた。病院別の1日あたりの平均外来患者数は11.5名であったが、1名未満の施設から49.8名までの施設があるなどばらつきが大きかった。患者の平均年齢は76.7歳で、女性の割合は全体で60.1%、最小では42.2%、最大では83.3%であった。患者の傷病は、高血圧性疾患、高脂血症、糖尿病などが多かったが、傷病は多様で施設によって割合も異なっていた。
文献番号 2019049898