オオタニ マコト   Otani Makoto
  大谷 誠
   所属   関連施設  産業保健データサイエンスセンター 産業保健データサイエンスセンター
   職種   助教
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 医療・介護のビッグデータ分析 レセプトデータを用いた急性上気道炎に対する抗菌剤使用の現状分析
掲載誌名 正式名:社会保険旬報
ISSNコード:13435728
出版社 社会保険研究所
巻・号・頁 (2716),24-27頁
著者・共著者 松田 晋哉, 藤本 賢治, 大谷 誠, 藤野 善久
発行年月 2018/07
概要 西日本の一自治体における2015年2月迄の医療レセプトを用いて急性上気道炎に対する抗菌剤処方の現状を分析した結果を報告し、抗菌剤の適正使用に関する対策について考察した。全体で90768人の患者が診察を受け、その40.4%に抗菌剤が処方されていた。処方率を年齢階級別にみると、4〜6歳が54.8%と最も高く、75歳以上が31.7%と最も低かった。使用されている主な抗菌剤をみると、全体で多いものからクラリスロマイシン、塩酸セフカペンピボキシル、セフジトレンピボキシル、レボフロキサシン、ガレノキサシン、ジベカシン、トスフロキサシン、セフジニル、ホスホマイシン、アジスロマイシン、アミカシン、セフトリアキソン、シタフロキサシン水和物、アモキシシリンとなっていた。6歳以下ではトスフロキサシンも比較的多く処方されていること、成年では多くの種類の抗菌剤が処方されている傾向が観察された。
文献番号 2018336141