オオタニ マコト   Otani Makoto
  大谷 誠
   所属   関連施設  産業保健データサイエンスセンター 産業保健データサイエンスセンター
   職種   助教
論文種別 総説
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 医療・介護のビッグデータ分析 薬学管理料算定状況からみた「かかりつけ薬局」の在り方に関する検討
掲載誌名 正式名:社会保険旬報
ISSNコード:13435728
出版社 社会保険研究所
巻・号・頁 (2710),22-25頁
著者・共著者 松田 晋哉, 藤本 賢治, 槙島 美佐子, 大谷 誠, 藤野 善久
発行年月 2018/05
概要 西日本の一自治体の国民健康保険及び後期高齢者医療制度の2015年10月診療分の調剤レセプトから、調剤情報提供料及び記載加算の算定がある537863名を対象とした。約25%の患者が複数の施設から調剤を受けていた。約24%の患者は手帳有で指導を受けておらず、約19%は複数の施設にて手帳有で情報提供を受けていた。薬効でみて8種類以上の薬剤を調剤されている者は153230名、銘柄別で8以上の薬剤を処方されている者は156042名であった。重複投薬・相互作用等防止加算において、複数回加算が算定されている患者ほど有意に重複調剤を受けている割合が高くなった。重複調剤の発生に関連する要因をロジスティック回帰によって分析し、処方薬剤数の多い者で重複調剤を受けるオッズ比が有意に高くなった。女性、年齢階級の高い者、手帳有で薬剤服用歴管理指導を受けている回数が多いほど有意に重複投薬は少なくなった。
文献番号 2018250436