エグチ マミ   Eguchi Mami
  江口 真美
   所属   産業医科大学病院  診療科 小児科
   職種   助教
論文種別 不明
言語種別 日本語
査読の有無 査読なし
表題 Small for Gestational Age児における成長ホルモン分泌不全の合併についての検討
掲載誌名 正式名:産業医科大学雑誌
ISSNコード:0387821X/21872864
出版社 産業医科大学
巻・号・頁 40(3),253-257頁
著者・共著者 池上 朋未, 荒木 俊介, 桑村 真美, 多久 葵, 斎藤 玲子, 後藤 元秀, 久保 和泰, 川越 倫子, 山本 幸代, 河田 泰定, 楠原 浩一
発行年月 2018/09
概要 Small for gestational age(SGA)性低身長症に対する成長ホルモン(GH)治療は投与量や医療費の公的補助が成長ホルモン分泌不全症(GHD)と異なることから、治療開始前にGH分泌能を評価することが重要である。本研究は低身長のSGA児におけるGHD合併の頻度とGHDを検出する有用な指標を明らかにすることを目的とした。産業医科大学病院および九州労災病院にてGH治療を開始したSGA児について診療録を用いて後方視的に検討した。6歳以下でGH治療を開始した22例のSGA児のうち9例(41%)がGHDを合併していた。GHD合併の有無による出生時の在胎期間、身長、体重、GH療法開始時の身長およびインスリン様成長因子(insulin-like growth factors:IGF)-1値に有意差は無かった。しかし、身長の標準偏差(SD)が-3.2を下回ると有意にGHDの合併頻度が上昇し、感度55.6%、特異度84.6%、オッズ比11.6(95%信頼区間1.52-89.1、P=0.013)となり、身長SDはGHDを検出する有用な指標であった。本研究では低身長のSGA児の40%がGHDを合併していた。特に-3SDを下回る症例では、GHDの合併が多く、適切な診断に基づいたGH治療を行うためには、積極的にGH分泌能の評価を行う必要がある。(著者抄録)
文献番号 S927220005<Pre 医中誌>