イガラシ リョウタ   Igarashi Ryota
  五十嵐 亮太
   所属   産業医科大学病院  診療科 小児科
   職種   助教
論文種別 症例報告
言語種別 日本語
査読の有無 査読あり
表題 全身の皮疹を呈しLangerhans細胞組織球症と疥癬の鑑別が困難であった乳児例
掲載誌名 正式名:日本小児科学会雑誌
ISSNコード:00016543
掲載区分国内
出版社 (公社)日本小児科学会
巻・号・頁 122(4),760-6頁
著者・共著者 ◎白山理恵, 五十嵐亮太, 本田裕子, 吉田卓矢, 押田康一, 樋口尚子, 守田弘美, 佐藤哲司, 楠原浩一
発行年月 2018/04
概要 生後1ヵ月女児。咳嗽、皮疹を主訴に前医を受診、抗菌薬の投与、ステロイド外用を受けるも改善せず、精査加療目的で当院へ入院となった。所見では全身の紅斑と全肺野の小結節性陰影、肝機能障害を認め、皮膚生検よりLangerhans細胞組織球症(LCH)が強く疑われ、化学療法を開始した。皮疹は一旦消退傾向となったが、2クール目開始時より増悪した。皮膚科にコンサルタントし、ダーモスコピー検査や直接鏡検を行ったところ、疥癬と診断され、化学療法はday 25で中止した。以後、肺病変や肝機能障害は改善し、皮疹も硫黄軟膏塗布により消退が得られた。発症から2年経過現在、皮膚病変や肺病変の再燃はみられていない。
文献番号 2018236211